DELTA GROUP

セールススタッフの仕事内容は?
必要な資格・経験や将来性について徹底解説!

「セールススタッフ」とは、いわゆる営業職のこと。自らの知識やプレゼン力を用いて、直接的に企業の売り上げに貢献する花形的ポジションです。
特に、法人向け商品を取り扱うB2B企業にとっては、セールス力がそのまま企業の推進力・体力になります。そのため、多くの企業が優秀な「セールススタッフ」を求めており、ほかの職種よりも高時給に設定されていることが多く、魅力的な職業の一つと言えます。

では、「セールススタッフ」は、具体的にどのような仕事をするのでしょうか?
営業の仕事に興味をお持ちの方へ向けて、「セールススタッフ」の業務内容や必要なスキル、将来性についてお伝えしていきます。
 


 

セールススタッフの業務内容は?

「セールススタッフ」の仕事は、営業活動をおこなって、商品やサービスを売ること。
しかし、「営業活動」と一口に言っても、顧客が企業か個人か、また、新規営業、ルート営業、カウンター営業、インサイドセールスなど、さまざまなタイプ・手法があります。
そこでここからは、一番大きな分類で、営業手法が大きく異なる、「法人営業」と「個人営業」についてご紹介いたします。

法人営業

「法人営業」では、企業に対して営業をおこないます。
企業向けの商品やサービスは、安いものでも数十万単位、高額なものだと億単位の契約を結ぶことも珍しくないため、相見積もりとなる場合がほとんどです。
競合企業と比較して自社を選んでもらうために、法人営業担当は、自社の商材はもちろん、顧客の商材や業界への深い理解と、高い提案力、ビジネスマナーが必須となります。

提案相手が、新規顧客か、既存顧客かでも、営業スタイルが大きく変わります。
新規顧客の販路は、主にテレアポや問い合わせです。提案に至るまでの工程が長く、プレゼンテーションを通じて契約に至るケースが多いです。
既存顧客の場合は、一定周期で受け持ちの顧客を訪問する「ルート営業」をおこない、顧客が抱えている課題を解決するための手段を提案します。

個人営業

「個人営業」では、その名のとおり、個人の顧客に対して営業をおこないます。販路は、テレアポ、訪問販売、店舗や商業施設内のイベントスペースなどさまざまです。
個人向けの商品やサービスは、新聞やスマートフォンといった毎日の生活に欠かせないものから、土地や家、自動車などの高額なものまで多岐にわたります。
近年は、インターネットやSNSの普及により、個人でも比較検討をしっかりとおこなう傾向にあるため、個人営業でも高い提案力が必要です。また、法人営業以上に、顧客に寄り添う高いコミュニケーション能力が求められます。

セールススタッフになるために必要な資格や経験は?

個人営業や、法人営業でも既存顧客を相手にするセールススタッフの場合は、未経験者可の求人も多く、比較的チャレンジしやすい職種と言えます。営業や接客業の経験があると歓迎される傾向にあり、就職が有利になる場合が多いです。
対して、法人営業で新規顧客を相手にするセールススタッフの場合は、営業経験を求められることが多く、類似の商品やサービスを取り扱っていた経験があると優遇されます。

セールススタッフになるために必要な資格は特にありませんが、顧客と直接コミュニケーションをとる職種なので、コミュニケーションやプレゼンテーションのスキル、ビジネスマナーを身につけていることは必須です。
また、地方都市など、車が必須の地域の場合は、「普通自動車運転免許」を持っていることが必須項目に含まれている場合が多いです。
海外の顧客に対して営業をおこなう「海外営業」のセールススタッフの場合は、基本のスキルのほかに、TOEIC900点以上といった、高いビジネスレベルの英語力が求められ、担当地域によっては、現地語を話せることが必須項目に含まれている場合もあります。

セールススタッフの将来性は?

結果次第で大きく評価が変わるのが、セールススタッフの特徴の一つ。良い結果を残すことができれば、高い評価・報酬を得ることができますが、逆に努力をしても結果が残せなければ評価を得ることができないシビアな職種でもあります。
比較的、基本給が高く設定されていることが多いですが、成績次第では減給となることもあり、また、中には完全歩合給というハイリスク・ハイリターンの業界も存在します。

一般的に、営業は「販売」の意味合いで捉えられることが多いため、商品やサービスを売り込む「御用聞き営業」や「商品提案型営業」のイメージが強いのではないでしょうか? 実際に、競合より良いもの、あるいは、安いものを発売すれば売れた時代では、そのスタイルが主流でした。
しかし、インターネットやSNSの普及に伴って、顧客が自ら情報を得て取捨選択や比較検討ができるようになり、少額の商品やパッケージ化されたサービスであれば、セールススタッフを介さずとも契約できるため、ただ商品やサービスを売り込むだけのセールススタッフは不要な存在となりつつあります。

今、企業が求めているのは、顧客の抱える課題、さらには、まだ顕在化していないニーズに対して、オーダーメイドさながらの洗練された提案ができるセールススタッフです。しっかりと自社の商材や顧客の商材、業界の理解を深め、提案力を磨き、このような存在になることができれば、セールススタッフとしての未来も明るいものとなるでしょう。
最近では、セールススタッフのルーティン業務を効率化できるようなツールも数多く存在しますので、これらのツールを上手に活用し、分析や提案の作成といった業務、あるいは、自分自身のスキルアップにしっかりと時間を充てるようにするのがおすすめです。

クイック登録の
メリット

3分でクイック登録!24時間いつでもインターネット上でご登録いただけ、ご来社時のお手続きやお仕事紹介も時間短縮でよりスムーズに。新着お仕事情報を掲載したメルマガも配信中。

※本登録はご来社いただく必要がございます。

お問い合わせ

お仕事をお探しの方やご登録済み・就業中の方。各種証明書申請などフォームよりお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ