DELTA GROUP

物流スタッフの仕事内容は?
必要な資格・経験や将来性について徹底解説!

「物流」とは、販売する会社から消費者へ、有形の「もの」(商品)を運ぶプロセスのこと。物流という言葉から、輸送や配送の仕事を思い浮かべる方が多いと思いますが、実際には、商品が製造されてから購入者の手元に届くまでの、すべての過程をカバーするのが物流の仕事です。
インターネット通販の拡大などにより、物流サービスの需要は高まる一方。それに伴い、求人の数も増加傾向にあります。

では、物流業界で働く「物流スタッフ」は、具体的にどのような仕事をするのでしょうか?
物流業界での仕事に興味をお持ちの方へ向けて、物流スタッフの業務内容や必要なスキル、将来性についてお伝えしていきます。
 


 

物流スタッフの業務内容は?

物流の機能は、主に「包装」「輸送」「保管」「荷役」「流通加工」「物流情報管理」の6つ。そのため、物流スタッフと一口に言っても、その業務内容は多岐に渡ります。
ここでは、物流倉庫に商品が入荷してから出荷されるまでの基本的なフローに沿って、物流スタッフの業務内容を紹介していきます。

積み下ろし・仕分け・検品

物流の仕事は、製造された商品を物流倉庫へと運び込むところから始まります。
商品が倉庫へと到着したら、まず、物流スタッフが「積み下ろし」や「仕分け」をおこないます。入荷時は、一度に多量の商品が運び込まれるため、フォークリフトを使って運搬するのが一般的です。

商品の仕分けが完了したら、保管場所へと納める前に「検品」をおこないます。納品数のチェックのほか、初期不良や輸送時の破損など、商品に何らかの不備がないかの確認をおこない、パスした商品のみを倉庫内の所定の位置に納めていきます。

保管・在庫管理

物流の機能の1つに「保管」がありますが、物流倉庫に納められている商品を管理するのも物流スタッフの仕事です。
納品された商品をそのまま倉庫内に放置しておくのではなく、出荷する際に商品を見つけやすいように倉庫内を整理したり、規定の在庫数を下回っている商品の発注をかけたり、また、定期的に「棚卸し」をおこない、計上されている数と実際の商品の数が合っているかの確認もおこないます。

受注管理・ピッキング・流通加工・包装

消費者からの注文や、店舗への納品指示などが入ると、商品の出荷準備をおこないます。
まず、依頼内容をもとに、「出荷指示書」や「納品書」といった書類を作成します。

次に、出荷指示書に従って、倉庫内から出荷する製品を探し出す「ピッキング」をおこないます。
ピッキングの方法は、1オーダーごとに倉庫内を回って商品を探す「摘み取り方式」と、複数のオーダーの製品をまとめてピッキングし、その後オーダーごとに商品を分ける「種まき方式」があり、出荷先の数や商品数、物流倉庫の規模などによって採用されている方法が異なります。
ピッキングが完了したら、値札付けやセット商品を組み合わせるなどの「流通加工」をおこなったり、商品を「包装」して、出荷できる状態にします。

積み込み・輸送・配送

出荷準備が完了したら、いよいよ発送です。配送先ごとに荷物を仕分けし、トラックなどへ積み込みます。
物流倉庫から、直接目的地へ発送する場合もあれば、一度、配送センターなどへ輸送してから、最終目的地まで配送する場合もあります。

物流スタッフになるために必要な資格や経験は?

物流スタッフの中でも、倉庫内で現場作業を行うスタッフは、未経験でもOKな場合がほとんどのため、誰にでもチャレンジしやすい仕事の1つです。
取り扱っている商品によっては、これまでの全く別の仕事で身につけた知識や、外国語の読み書きといった能力を生かすこともできます。

フォークリフトでの作業には、フォークリフト運転技能者の資格取得、あるいは、フォークリフトの運転講習や特別教育を修了している必要があるため、これらの資格を取得していると優遇される場合があります。
フォークリフト運転技能者は、国家資格ですが合格率が高く、費用もあまり高くないので、物流業界での就職を検討している方は、事前に取得しておくのもおすすめです。
また、輸送・配送の業務を行う場合には、配送に使う乗り物に応じた運転免許が必須になります。

マネージャーなどの管理系のポジションは、関連する業務の知識や経験が必要になる場合が多く、未経験での募集はほとんどありません。物流業界未経験の場合は、現場作業の物流スタッフとして就職し、実際の業務の中で経験を積んで、ステップアップ目指すのが一般的です。

物流スタッフの将来性は?

物流の仕事は、有形の「もの」(商品)が取り引きされ続ける限り、無くなることはありません。通信販売市場の拡大にあわせて、物流業界も拡大していくことが予想されるため、業界全体の未来は明るいでしょう。

しかし、荷役やピッキングといった業務は、IT技術の発展によって、機械での自動化が行われる可能性が高く、現場作業の物流スタッフは、一時的に需要が高まっても、将来的には無くなる仕事の1つと考えられます。
一方、マネージャーなどの管理系のポジションは、年々需要が高まっているのはもちろん、現場作業が自動化されても管理者は必要なため、将来性があります。
このことから、未経験から物流業界へ就職し、長く働き続けるためには、現場作業者からマネージャーへのステップアップが必須と言えるでしょう。実際の業務の中で経験を積むのはもちろん、資格取得をしたり、貿易関係の知識や外国語の読み書きを学ぶと、活躍の場を広げていくことが可能です。

物流業界での自身の価値を高めるなら、一番のおすすめは「通関士」の資格取得を目指すこと。
輸出入で必要な通関手続きは高度な専門知識が必要なため、多くの企業が通関業者に委託をし、現場では通関士が活躍しています。しかし、通関士は取得難度の高い国家資格のため、人数が少なく、長く人手不足の状態が続いています。
通関士の資格を持っていると、貿易のエキスパートとして、今後のステップアップや転職で選択できるポジション、企業の幅が広がるため、物流業界でのさらなる活躍を目指すことができるようになります。
物流スタッフの仕事を行いながら、通信教育などを利用したり、国際物流の企業の中には、資格取得支援を行っているところもあるので、そういった制度を利用して、通関士を目指してみてはいかがでしょうか。

クイック登録の
メリット

3分でクイック登録!24時間いつでもインターネット上でご登録いただけ、ご来社時のお手続きやお仕事紹介も時間短縮でよりスムーズに。新着お仕事情報を掲載したメルマガも配信中。

※本登録はご来社いただく必要がございます。

お問い合わせ

お仕事をお探しの方やご登録済み・就業中の方。各種証明書申請などフォームよりお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ